何が違うの?!AustraliaとJapanのCOFFEE

メルボルンに足を踏み入れた時に、こんなにもカフェが多いものか!?と驚きました。道路を挟んでカフェが何件も並んでいるのです。どこの店に入ろうか迷うくらいです。それほど地元の人はコーヒーを飲み、カフェに集い、そしてお店側も地域に根差しており常連さんを大切にしつつもたくさんの人で賑わっているのでした。

日本では、コンビニやスーパーで安くて手軽にコーヒーが飲めますし、缶コーヒーやボトリングされたコーヒー、ドリップバックなどもたくさん販売されています。昨今では、企業向けのドリップマシーンや福利厚生の一環でオフィスカフェを設置する企業も増えています。カフェ利用の多いオーストラリアと違って、日本はカフェで1日に何杯も飲んだり購入するというよりは、カフェで至福の一杯とともにゆったりと時間を過ごす目的のほうが多いように感じます。

ここではオーストラリア、メルボルンと日本のコーヒーメニューの違いについて見ていきましょう!

この記事はこんな人におススメ

・海外のコーヒー事情を知りたい

・どんなメニューがあるか参考にしたい

・コーヒー以外にどんなものがあるか知りたい

目次

そもそも何が違うの!?メルボルンとジャパン

日本で飲むコーヒーは、豆を挽いてから丁寧に抽出するハンドドリップコーヒーが人気です。お店の人が丁寧に一杯ずつ淹れている風景をよく目にしますよね。多種多様な器具が開発されていて、使うものによって色んな味わいが楽しめるのも魅力です。

一方メルボルでは、エスプレッソマシーンで抽出したエスプレッソ系のドリンクが圧倒的に多いです。そして1日に2~3杯は行きつけのカフェに行ってコーヒーを買うのが日常です。メルボルンでは大きくBLACK系とWHITE系に分かれています。

BLACK

お豆本来の美味しさをダイレクトに味わえるミルクを使わないコーヒー。同じブラックコーヒーでもエスプレッソ系で飲むのとドリップコーヒー系で飲むのとはまったく表情が変わります。

Espresso/Short Black(エスプレッソ/ショートブラック)

Espressoは元々はイタリア発祥。イタリア語で「急行」という意味です。圧力をかけたお湯で短時間で一気に抽出するので、コーヒーの旨みがたっぷり凝縮された濃厚な味わいを楽しむことができます。オーストラリアではShort Blackとも呼びます。初めてカフェに入った時にブラックコーヒーが飲みたくてShort Blackを頼んだらエスプレッソが出てきました。笑

「Short/Long」はサイズではないので気を付けて。

Long Black(ロングブラック)

お湯の上にエプレッソダブルショットを追加したもの。エスプレッソのお湯割りです。

Americano(アメリカーノ)

エスプレッソダブルショットにお湯を足したもの。(Longblackと作り方が逆)。そしてLongblackよりもお湯が多く飲みやすい印象。

Batch Brew(バッチブリュー)

ドリップマシーンで淹れたポットコーヒーのことを言います。一度に何杯分も作れるので手軽で、なおかつ安定して作れるのが魅力。メルボルンでは、一杯一杯淹れるスタイルよりは、こちらのbatch brewスタイルがほとんど。

kanako

一度に使うコーヒー豆の量が多いのでその分抽出される液体(コーヒー)もしっかり出ていて美味しいので、個人的にはBatch Brewは大好きです。

https://ozonecoffee.co.nz/shop/technivorm-moccamaster/

Pour over/Filter coffee(ポアオーバー/フィルターコーヒー)

より日本人好みに近いドリップコーヒーがこちら。“Pour”は注ぐという意味で、もちろん日本と同様に一杯ずつ淹れてくれます。お店によって淹れ方やレシピ、使ってる器具違うので抽出を見たり、バリスタにレシピを聞くのも楽しみの一つですね!

kanako

気になることはバリスタに聞けば必ず教えてくれますよ!

Cold Brew(コールドブリュー)

水出しアイスコーヒーのこと。お湯を使わず水から抽出します。水にコーヒーの粉を一晩寝かせば完成です。熱を加えないので、苦みやえぐみが少なく綺麗で飲みやすい印象です。

kanako

店によってはすでにボトリングされ販売されたりしています。

Iced coffee(アイスコーヒー)

アイスラテ+チョコレートソース+アイスクリーム というなんともパフェのような飲み物。

日本のアイスコーヒーをイメージしていたので何も知らず注文した時は、フロアのオーダーミスかと思いました。オーストラリアではこれが一般的なアイスコーヒーで、日本のようなブラックのアイスコーヒーは、コールドブリュー、アイスロングブラックになります。

WHITE

エスプレッソにミルクを加えたコーヒー。優しい味わいとなり、見た目でも楽しめます。オーストラリアではラテアート上手なバリスタがたくさんいます。味も大事ですが、ラテアートでも美味しさが伝わってきますね。

Latte(ラテ)

エスプレッソにスチームミルクとフォームミルク1㎝を注いだもの。ラテグラスを使う店が多く、コーヒー感もミルク感も楽しめるバランスの良いカップです。

Cappuccino(カプチーノ)

エスプレッソにスチームミルクとフォームミルク1.5㎝を注ぎ、表面にチョコレートパウダーをふりかけたふわふわの飲み物。一口目の泡をスプーンで食べるのが至福の瞬間です。

Flat White(フラットホワイト)

オーストラリアやニュージーランド、ロンドンなどではおなじみのフラットホワイト。エスプレッソにスチームミルクとフォーム0.5㎝を注いだもの。フォームが薄いので、液体が多い分ミルク感が味わえます。

kanako

ニュージーランドのフラットホワイトはエスプレッソがダブルショットなので、濃い目の味が印象的でした。

Magic(マジック)

メルボルンン発祥のオリジナルドリンクです。エスプレッソの量はダブルではなくダブルリストレットで抽出し、カップの2/3の量のミルクを注ぎます。

kanako

Ristrettoとは、エスプレッソの最初に出てくる濃厚な部分だけを抽出したものです。通常のエスプレッソ1ショットよりも濃密で強めです。

そもそも何故『Magic』と呼ぶのでしょうか?ある記事でこんなやりとりがありました。

What is a ‘magic’ coffee?

“The magic is a flat white with three-quarters the milk, and a shorter, double ristretto base,”

So, why is it so popular, and how come the magic hasn’t reached cafes Australia-wide?

“People love it because there’s less milk and more coffee. The ratios are just right insofar as you keep the intensity of some of the coffee flavours, complemented with the sweetness of the milk.” 

参考 https://www.lifestylefood.com.au/articles/what-is-a-magic-coffee.aspx

ミルク感の楽しみたいけどコーヒー感も欲しい!というオーストラリア人の自由な発想が生み出したオリジナルコーヒーだったんですね。

Piccolo latte(ピッコロラテ)

Latteのミニ版。エスプレッソはラテ同様1ショット入っていますが、ミルクの量が少ないので少量でコーヒー感を楽しみたい方におススメ。LatteとMagiの中間のイメージ。

Short macchiato(ショートマキアート)

エスプレッソ1ショットにスチームミルクのフォームを1スプーン乗せたもの。

kanako

ちょーーっとのミルクなのでエスプレッソをマイルドに飲みたい方におススメ。

Long macchiato(ロングマキアート)

エスプレッソ2ショットにスチームミルクを少量注いだもの。

kanako

お店によってはお湯を入れて提供する店もあります。

Mocha(モカ)

エスプレッソ1ショットにチョコレートソースを溶かし、スチームミルクとフォーム1㎝を注いだもの。コーヒーとチョコレートのコラボレーション!ちょっと甘めのコーヒーが飲みたいときにおススメです。

kanako

コーヒーの苦味とチョコレートの甘さの絶妙なバランスがGOOD!

COFFEE 以外

オーストラリアは、コーヒー以外のドリンクも楽しめるものがたくさんあります。

Chai latte(チャイラテ)

チャイは健康に良いとされるスパイスがたくさん入っています。表面にふりかけるシナモンの香りが癖になります。

シロップやパウダーを使うお店もある中、天然素材の原料をそのまま使い、旨みを閉じ込めたオーストラリア発祥のチャイブランドがいくつかあります。

  • PRANA CHAI

こちらはPRANA CHAI JAPANがあるのでオンラインでも購入可能です。ナチュラルなチャイの風味とはちみつの甘さを是非お試しください。

https://pranachai.jp/

  • CHAI BOY

こちらも天然素材100%で作れたチャイ。メルボルンのローカルカフェにも多く卸しているので、どこかで飲めるかも?!

http://www.chaiboychai.com/

Chocolate(チョコレート)

ホットチョコレートにはマシュマロが添えられており溶かしながら食べるが定番。

メルボルンはコーヒーも美味しいですが、チョコレートもこだわっています。スペシャリティコーヒーと同様、スペシャリティチョコレートが誕生しました。それがメルボルンの『Morkchocolate』。NORTHメルボルンに店を構えるMorkは、多くのメルボルンのカフェに卸しやオンライン販売をしていたりと精力的に活動しております。またMorkJAPANも設立され、ますます今後の活動が楽しみです。

Morkchocolate

https://www.morkchocolate.jp/?noredirect=true

Babycinno(ベビチーノ) 

子供用に無料で提供されているスチームミルクのフォームのみを注ぎ、表面にチョコレートパウダーをふりかけた子供が大好きな飲み物です。

Kombucha(コンブチャ)

ハリウッドセレブ御用達のダイエット健康ドリンク『コンブチャ』。みなさんご存じですか?日本では『紅茶キノコ』と呼ばれていますが、紅茶に砂糖などの糖分を加え、キノコ型の菌を発酵させた飲み物です。免疫力を高めビタミンBも多く含まれることから美肌やダイエットに効果があると言われています。カフェメニューはもちろん、スーパーマーケットでは様々なフレーバーのKOMBUCHAが取り揃えられています。微炭酸で飲みやすいので、是非お気に入りの味を探してみてください。

オーガニック大国オーストラリアならでは!

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本のメニューにはないユニークなドリンクがいくつもあります。

オーストラリアに行った際は、是非普段お目にかかれないようなドリンクもチャンレジしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コーヒー屋さんで働いています。

元営業職。退社後オーストラリアとニュージーランドに数年滞在し、旅をしながら日本に帰国。これまで見てきたモノ、感じてきたことを気ままに綴る。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる