友達は選んでもいい。価値観の合う人とつきあう

今日はちょっと辛口になるかもしれません。よろしくどうぞ!

あなたには、親友と呼べる友達は何人いますか?私は数えるくらいしかいません。なんでも腹を割って話せる友達、都合のいいときだけ会うんじゃなくて、いつどんな時でも何気なく連絡を取れる人。対等な関係。

歳を重ねるに連れて、付き合う友達も変わってきたように思います。私の場合は職業が変わったので必然的に周りの付き合う人も変わっていきまました。

20代のころは、飲み友達、合コン、大学の同級生、会社の同期など、とりあえず日々の悩みや愚痴、飲んで飲んで飲みまくって帰るのは翌朝。とにかくその瞬間を楽しむ!!!そして二日酔いでぐったり・・・がほとんど。若いなぁ。今は無理。笑

30代になって、海外から帰国して感じたこと。貴重な時間とせっかく稼いだお金で時間を楽しむなら、自分にとってプラスになる時間でありたいと。

目次

おひとり様は寂しい?

この世の中、一人で何かをすることに抵抗があるのか固定概念があるみたい。

ニュージーランドで一人旅をしている時、クィーンズランドのバッパーで一人朝食をとっていました。その時中国人の女の子がとことこやってきて一緒に座っていいかと。もちろんOK!一人だったし友達ができればラッキーくらいの気持ちでした。ところがその子は、「Are you ALONE?」「why?why?」「寂しくないの?」「友達がいれば楽しいのに!」なんてことを言ってきた。どうやら彼女はグループで来ているらしい。が、見ず知らずの子にそんなこと言われる筋合いないし、私は一人でも十分楽しんでいるし、全然寂しくない。No ploblem!

朝一だったし、そんなことをずけずけと言われて、カチンときてしまい、「Sorry, I am not happy with you.」と言って朝食を終えました。この時は大人げなかったかもしれませんが、嫌なものは嫌。この時言えたのも私は後悔していない。なんならとびっきりの笑顔で、「I am OKKKKKK!Thanks!」とでも言えたら良かったか。

一人でもいいじゃないですか。一人の時間も絶対必要です。上記のエピソードに限ったことではありませんが、一人で考えたり、読書したり、勉強したり、副業したりと別の世界をみるのも貴重な時間だと思います。

波長が合う人と付き合う

この人といると心地良い、成長できる、プラスになる、同じ方向を向いている、同じ匂いを感じる(←私は結構コレ)

悪口、妬み、嘘偽り、金銭問題、勧誘・・・・いろんなマイナスの感情や状況があります。私は極力これらに直面したら『自分から進んで歩み寄らない』と覚えました。海外生活で、騙されたり、差別を受けたり、色々と負の経験があるので、体が反応してしまいます。もしあなたがそのような状況に直面したら、さらりとやり過ごしましょう。自分にとってマイナスと感じたら排除していく。でももちろん友達の悩みは聞きますよ。

それでも付き合いにくい人がいたら

私も結構苦手な人います。でも最初からシャッターを閉めるのではなく、まずはその人の良いところを探してみる。

シェアハウスにいた時も苦手な子いました。こんな子今まで見たことないくらい(笑)彼女は超わがままで、友達いるのかなって思うくらい自己中で、きっと母国ではお金持ちなのでしょうか。でもずっと一緒に生活していると意外と友達想いで、真面目に仕事もしていて関心した思い出があります。まぁ彼女の本性は家でだと思うので、さらりと付き合いましたけどね!笑

それでもダメならすいませんが、お手上げかも・・・・無になりましょう。

まとめ

海外にけば、いろーーーんな人間がいます。コミュニケーションは英語だし育った国も違いますから、心の奥まで理解するのは難しいかもしれません。でもそれでも分かり合える人はいるものです。

日本で同じこと。アナタが無理しない自然体でいられる人と一緒にいれば、自分らしくいれる。同じ価値観を持つ人と一緒にいるのは重要なことで、お互いに高めあい、成長していける仲間がいることで、プラスの方向に向かっていけると感じています。

プラス思考の人や明るい人の周りには自然と人が寄ってきます。別に好かれてたいとは思わないけど、周りを明るく照らす人間、人の痛みがわかる人間でありたいと思う、今日この頃であった。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コーヒー屋さんで働いています。

元営業職。退社後オーストラリアとニュージーランドに数年滞在し、旅をしながら日本に帰国。これまで見てきたモノ、感じてきたことを気ままに綴る。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる